こんにちはアイデアクリニック代表の下村 正です。
アイデアを考え、夢を膨らませている時はとても楽しいですね。
アイデア好きの人なら人生のどんな場面でもよりよい方法を工夫して前進できると思います。
私は社会人として初めての職場だった日立製作所時代は社内では「作業の改善王」、プライベートでは「売れない街の発明家」としてアイデアに熱中して楽しんでいました。
その後、商品開発の会社に転職してこんどは市民発明家のアイデアを採用して商品化する仕事に打ち込んで多くのアイデア商品を世の中に出してきました。
今は発明家の応援隊長としてアイデアの事業化を実現するために頑張っています。

     

■ 1951年

東京生まれ

   
■ 1968年

鞄立製作所 亀戸工場 卓上電子課入社

 

この頃、職場では部内の作業改善キングとして賞金と賞状稼ぎに熱中。
プライベートでは町の発明家として特許を取っては一生懸命、企業に売り込みをしたがどれも落第発明ばかりでお金は儲かりませんでした。
その後、改善提案の功績が認められ職場の改善提案の選任となり部内の提案率を一気に向上
そのうち「俺はすごい発明家かも・・・」と錯覚し、作業改善ではもの足りなくなって商品開発の仕事にあこがれ・・・・転職を考える

   
■ 1972年
潟_イヤコーポレーションに転職
 

発明熱が高じてとうとう日立製作所から中小企業メーカーに転職し、商品開発の世界に飛び込むが、ここで単なるアイデアマンだけでは商品開発はできないことを痛感、商品として通用する生みの苦しみを社長から徹底的に叩き込まれることになった。
しかし、好きで選んだ世界だったので辛いと思ったことは一度もなかった。
その後、事業化のノウハウを会得し、全国の街の発明家のアイデアを採用するビジネスモデルを構築し、日本一のアイデア仕掛け人としてテレビや雑誌に多数出演。
社外からの提案も年間5000件近いアイデアが集まるようになり採用件数も急増した。
潟_イヤコーポレーションのホームページ内では【 アイデア】のページにて「アイデアの出し方から商品の誕生まで」を紹介

   
■ 1995年 著書「発明はこうして売り込め」を日本法令より出版
   
■ 2000年 本来、定年後に設立しようと計画したアイデアクリニックだったが気力のある40代に・・・との思いを押さえられず27年間お世話になった同社を円満退職(退職時の役職 企画・開発部長)
   
■ 2001年 アイデアクリニック設立
  (6年間の独立構想と準備期間を経て夢の計画を実行)
■ 同年 著書「あなたの発明楽々お金に変える本」を中経出版より出版
  ホームページ「下村正の発明達人塾」を開設現在に至る
     
〒272-0015 千葉県市川市鬼高3-20-8 TEL&FAX 047-378-6243